公園・観光地

【子連れディズニー】1歳児と楽しむディズニーシー アトラクション&ショーパレード完全ガイド

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
あおい
あおい
こんにちは:-)☆
あおはる育児のあおい(@aoharu_0717)です。

皆さま、子連れディズニーの経験はありますでしょうか。
ディズニーランドデビューはしたけれどディズニーシーはまだ行ったことがないという人も多いのではないでしょうか。

「シーは大人向けだから子どもが楽しめるか不安」

「坂と階段が多くて疲れそう」

ランドとは違い、大人向けの印象が強いシーは子連れディズニーのハードルが上がってしまいますよね。
でも安心してください。
ディズニーシーでも小さいお子様も存分に楽しめるアトラクションやショーが充実しているんです。

ディズニーシーでゆったり子連れディズニーを満喫できる情報をたっぷりと紹介します。
ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

この記事がおすすめの人

ディズニーシーで1歳児が楽しめる攻略法を知りたい
1歳児が乗れるアトラクションを確認したい

 
 

ディズニーランドに行く人はこちら▼
関連記事>>1歳児と楽しむディズニーランド アトラクション&ショーパレード完全ガイド
持ち物リストを確認したい人はこちら▼
関連記事>>1歳子連れディズニーの持ち物リスト&ベビーカー盗難対策紹介

ディズニーシー周り方攻略法

プレミアパスで効率よく周ろう

パークで長年発行されていた「ファストパス」(発行した紙に書かれた指定の時間に並ぶと待ち時間が短縮されるチケット)が終了してしまいました。

代わりに現在は「プレミアアクセス」「プライオリティパス」を発行しています。
上手く活用すれば効率良くアトラクションを楽しむことができます。

プレミアアクセス(有料) プライオリティパス(無料)
取得時間 自分で選べる 選べない
次の取得条件 60分後または取得したパスの利用開始時間から取得可能 120分後または取得したパスの利用開始時間から取得可能
枚数制限 パークチケット1枚につき一人分取得
3歳以下の子ども 同行者の購入で一緒に体験可能
その他特徴 ショーパレードとの同時取得可能

プレミアアクセス(有料)

対象アトラクション

✔︎ トイストーリーマニア
✔︎ ソアリン
✔︎ タワーオブテラー
✔︎ センターオブジアース

アトラクションの待ち時間を大幅に短縮できるパスです。

無料のパスとは違い、自分で好きな時間を選べるメリットがあります。

次のパスを取得したい場合は一つめの取得から60分後、または一つめのパスの開始時間になれば取得できるようになります。

【例①】
9:00に13:00のトイマニを取得
10:00に次のアトラクションを取得可能
【例②】
9:30に10:15のソアリンを取得
10:15に次のアトラクションを取得可能

※トイマニ=トイストーリーマニア

 

対象のアトラクションは平日でも2時間、休日は3時間以上並ぶことも珍しくないので時間を有効活用するために課金するのもありです。
特に子連れディズニーではアトラクションに長時間並ぶことが難しいのでプレミアアクセスは救世主になること間違いなしです。
3歳以下はパスが必要ないので親の分だけでOKな今のうちに体験しておきましょう。

プライオリティパス(無料)

対象アトラクション

✔︎ タートルトーク
✔︎ ニモ&フレンズシーライダー
✔︎ 海底2万マイル
✔︎ マジックランプシアタ
✔︎ インディジョーンズ
✔︎ レイジングスピリッツ

アトラクションの待ち時間を大幅に短縮できるパスです。
ディズニー40周年を記念して2023年7月から導入された期間限定のパスです。

終了日は現時点で未定です。
時期によって取得できるアトラクションが異なります。

以前のファストパスのような仕組みで時間は選べません

次のパスを取得したい場合は一つめの取得から120分後、または一つめのパスの開始時間になれば取得できるようになります。

【例①】
9:00に13:00のタートルトークを取得
11:00に次のアトラクションを取得可能
【例②】
9:30に10:15の海底2万マイルを取得
10:15に次のアトラクションを取得可能

絶叫系は交代サービス活用

どうしても乗りたいアトラクションがあるけれどベビーが乗れない!
そんな時は交代サービスを利用することができます。

2名以上の同伴者がいる場合に交代でアトラクションを利用できるサービスです。
子連れディズニーでも絶叫系を楽しみたい!というアトラクション好きの人はぜひ活用してみてください。
アトラクションによって案内が変わるので利用する場合は入り口のキャストさんに声をかけてくださいね。

TODAYとマップは廃止!?

ディズニーに行くとエントランスで必ずもらっていた「TODAY」と「マップ」がコロナ禍以降廃止となってしまいました。

パーク内で紙のマップを使いたい場合は事前に印刷して持っていく必要があります
特に紙は必要ない人はアプリのマップを活用しましょう。

 
\ダウンロードはこちら/ディズニーシーのマップ>>
 

タイムスケジュールを把握しておこう

パレードの時間前後はパレードルート付近がかなり混み合います

パレードを見る予定がない場合でもその時間帯はパレードルートを避けて通るなど対策ができるのである程度スケジュールは把握しておくと便利です。

また、レストランもそれぞれオープン時間が異なります。
夕方早めに閉まるお店もあるので絶対に行きたいお店がある場合は事前にオープン時間をチェックしておきましょう。

1歳児が乗れるアトラクション19個

ひざ抱っこで乗れるアトラクション

ヴェネツィアンゴンドラ/ビッグシティヴィークル/タートルトーク/キャラバンカルーセル/シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ/マジックランプシアター/ブローフィッシュバルーンレース/ワールプール/マーメイドラグーンシアター/海底2万マイル

ヴェネツィアンゴンドラ

公式サイト引用

ゴンドラに乗ってディズニーシーの景色を優雅に眺めることができます。
朝一が空いているのでおすすめです。

ビッグシティヴィークル

公式サイト引用

クラシックカーに乗ってアメリカンウォーターフロントを周るアトラクションです。
車は4種類ありどれに乗れるかお楽しみです。

タートルトーク

公式サイト引用

ファインディングニモに出てくるウミガメのクラッシュとお話ができるシアター系のアトラクションです。
その他にもニモやドリーやスクワートなど海の仲間たちも登場して楽しいのでお子様も喜ぶこと間違いなしです。

キャラバンカルーセル|これ乗った

2階建ての豪華なメリーゴーランドです。
ジーニーやラクダや魔法のじゅうたんに乗って優雅なお散歩ができますよ。

ジーニーや馬の乗り物は高さがある上に不安定です。
同伴者と一緒に座れますが動くと怖がってしまう可能性もあるので、じゅうたんのように安定して座れる乗り物が良い場合は1階に並びましょう。

座って乗れる乗り物は1階のみ

シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ|これ乗った

ディズニーランドで言うイッツアスモールワールドのようなアトラクションです。
シンドバッドと一緒に冒険の旅に出ます。
待ち時間も短く、ゆったりとした空間で曲も良いのでかなりおすすめです。

マジックランプシアター

公式サイト引用

世界的マジシャンのシャバーンとジーニーによるマジックショーを見ることができます。
ジーニーがとてもコミカルで楽しいショーです。
小さいお子様も楽しめるのでおすすめです。

ブローフィッシュバルーンレース

公式サイト引用

マーメイドラグーン内にあるアトラクションのひとつです。
屋内にあるので雨の日や暑い日寒い日など天候に左右されないので嬉しいですね。

ディズニーランドのダンボに似たようなアトラクションで、フグの乗り物に乗って泳ぎます。

ワールプール

公式サイト引用

コーヒーカップのようなアトラクションです。
酔いやすい人は注意です。

マーメイドラグーンシアター

公式サイト引用

アリエルやリトルマーメイドに登場するおなじみのキャラクターによるショーが開催されています。
歌やダンスがあってとても楽しいので小さいお子様にもおすすめです。

現在休止中(再開未定)

海底2万マイル|これ乗った

公式サイト引用

小型潜水艦に乗って深海を探索するアトラクションです。
比較的待ち時間が短く、入り口に近めなので乗りやすいです。
ただ、乗り込む潜水艦は狭めで暗いので苦手な人は注意してください。

暗闇、潜水艦が狭め

ベビーカーごと乗れるアトラクション

ディズニーシートランジットスチーマーライン/ディズニーシーエレクトリックレールウェイ

ディズニーシートランジットスチーマーライン

公式サイト引用

パークを1周するコースとメディテレーニアンハーバーからロストリバーデルタまで移動できるコースと2種類あります。
入り口付近からシーの一番奥のエリアまで船で移動できるので歩き疲れた時はぜひ活用してください。
奥のエリアから入り口まで戻ってくるコースもあります。

ディズニーシーエレクトリックレールウェイ

公式サイト引用

アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを行き来する電車です。
パーク内を乗り物で移動できる上に景色もきれいなので、特に小さいお子様連れディズニーの人におすすめします。
ベビーカーごと乗れるので乗車のハードルも下がりますよ。

ウォークスルータイプのアトラクション

フォートレスエクスプロレーション(“ザ・レオナルドチャレンジ”)/アリエルのプレイグラウンド

フォートレスエクスプロレーション(“ザ・レオナルドチャレンジ”)

公式サイト引用

要塞ガリオン船を自由に探検できます。
地図に書かれた謎を解くプログラムに参加することもでき、遊びごたえがあるアトラクションです。

アリエルのプレイグラウンド|これ乗った

公式サイト引用

マーメイドラグーン内にある小さいお子様向けの遊び場です。
床がやわらかくて転んでもケガをしにくくなっているので安心して遊べます。

マーメイドラグーン内は暗めのため怖がる可能性あり

ひとり座りが必要なアトラクション

基本的に乗り物に1人で座って安定した姿勢を保てないお子様は利用できないアトラクションです。
ただ、乗り場でぐずってしまった時はひざ抱っこでの乗車をOKしてくれる場合もあります
その場の状況次第なのでキャストさんと相談した上で安全に乗車してくださいね。

トイストーリーマニア/アクアトピア/ジャスミンのフライングカーペット/ジャンピンジェリーフィッシュ/スカットルのスクーター

トイストーリーマニア

公式サイト引用

大人気のトイストーリーマニアもひざ抱っこで乗車可能です。
抱っこしながらのシューティングは難しいですが、画面がカラフルでお子様も見ていて飽きないので時間があえばぜひ乗ってみてください。

アクアトピア

公式サイト引用

不規則に動くビークルに乗って水の上を散歩するアトラクションです。
夏は涼しくておすすめです。
あまり水にかかりたくない人は山側に並んでみてくださいね。

海側は濡れます

ジャスミンのフライングカーペット

公式サイト引用

空飛ぶじゅうたんに乗って空中散歩を楽しめます。
高いところが怖くなってもレバー操作で低空飛行にもできるので安心です。
じゅうたんをかたどった乗り物がかわいいのでおすすめです。

ジャンピンジェリーフィッシュ

公式サイト引用

くらげに乗って海の散歩を楽しみます。
上下に動くだけなので小さいお子様も乗りやすいです。
アトラクションデビューにもピッタリの乗り物です。

スカットルのスクーター

公式サイト引用

ヤドカリの背中に乗ってくるくる回ります。
座席が回転したり色々な動きがあって楽しいアトラクションです。
少し激しめでひざ抱っこでの乗車ができないので注意してください。

ひざ抱っこNG

キャラクターとたくさん会おう

ディズニーランドにはキャラクターと会える施設がたくさんあります。
好きなキャラクターと写真を撮ったり触れ合って素敵な思い出を作りましょう。

グリーティング施設

ミッキー&フレンズグリーティングトレイル(ミッキー)

公式サイト引用

ロストリバーデルタの奥地では遺跡発掘調査中のミッキーに会うことができます。
ディズニーランドとは違ったアクティブなミッキーに会えるので行ったことがない人はぜひ会いに行ってみてください。

ミッキー&フレンズグリーティングトレイル(ミニー)

公式サイト引用

探検家のコスチュームを着こなしたかわいいミニーちゃんに会えるグリーティング施設です。
探検家グッズもかわいいので装飾など細かいところまで楽しんでみてください。

ミッキー&フレンズグリーティングトレイル(ドナルド)

公式サイト引用

以前はグーフィーに会うことができたこの場所で現在はドナルドに会うことができます。
探検家のコスチュームが似合っていると褒めてあげると喜ぶのでぜひたくさん褒めてコミュニケーションを取ってみてくださいね。

サルードスアミーゴスグリーティングドック(ダッフィー)

公式サイト引用

ロストリバーデルタのトランジットスチーマーライン乗船口の目の前にグリーティング施設があります。
現在はダッフィーと写真を撮ることができます。
ふわふわでゆったりとした動きのダッフィーに癒されに行ってみてくださいね。

ヴィレッジグリーティングプレイス(シェリーメイ)

公式サイト引用

ケープコッドの端にあるグリーティングスペースです。
現在は大人気のキャラクターであるシェリーメイに会うことができます。

プラザグリーティング

公式サイト引用

ディズニーシーの入り口ではミッキーやミニーちゃんが整列グリーティングを行っています。
ディズニーランドと同じくどちらのキャラクターになるかは当日のお楽しみです。
列に並べば写真を撮れるので時間があえばぜひ並んでみてくださいね。
大人気でラインカット(並ぶのを打ち切ること)が早いので並べたらラッキーです。

会えたらラッキーフリーグリーティング

パーク内では至る所にキャラクターが会いに来てくれます。
キャラクターに遭遇できたらラッキーなので、見つけたらぜひ声をかけに行ってみてくださいね。
お話したり写真を撮ったりしてキャラクターと仲良くなりましょう。

ショーを楽しむ

1歳児が喜ぶおすすめハーバーショー

レッツセレブレイトウィズカラー

公式サイト引用

日中1~2回行われるグリーティングショーです。
2024年3月31日までは40周年をお祝いする特別バージョンで、コスチュームも華やかなので時間があえばぜひ見てみてくださいね。

ビリーヴ!~シーオブドリームス~

公式サイト引用

2021年から始まったナイトタイムエンターテインメントです。
海の上でのダイナミックなショーは見ごたえたっぷりです。
ディズニーキャラクター、ディズニープリンセスがたくさん登場するのでお子様も楽しめます。

冬の夜は極寒で待ち時間が辛いので朝一でプレミアアクセス(有料パス)を購入することをおすすめします。

イベントごとのハーバーショー

公式サイト引用

ディズニーでは季節ごとや特別なイベントごとにショーが行われます。
クリスマスやハロウィーンなどの季節イベントではミッキーやキャラクターたちが限定のコスチュームを着てショーを盛り上げます。
船の装飾もかわいいですよ。

その時期しか見れない特別なショーですし、季節感を味わうことができるのでおすすめです。

小さい子でも楽しめるショー

ジャンボリミッキー

公式サイト引用

ミッキーマウスと仲間たちが皆で踊る子ども向けのショーです。
ミッキーやミニー、ドナルド、チップとデールなど、おなじみのキャラクターたちと一緒に歌って踊って皆で盛り上がりましょう。

アメリカンウォーターフロントのドッグサイドステージ(船の真横)で公演しています。
ショーは抽選ですが、外れてもお子様専用エリアがステージにかなり近いので充分楽しめます。
大人も一緒に盛り上がることができるのでおすすめです。

プレミアアクセスを活用しよう

アトラクション同様にショーにもプレミアアクセスが存在します。
事前にショーEEの有料エリアの席を抑えることで待たずに良い席で見ることができます。
購入した順に最前列から埋まっていくので最前列を狙う場合は朝一で購入しましょう。

こちらはアトラクションと別枠の扱いなのでアトラクションと同タイミングで取得が可能です。

待ち時間の攻略

アトラクションやショーではどうしても待ち時間ができてしまうこともあります。
特に1~2歳の小さな子どもはじっとしていられないのでアトラクションに並ぶのもショー待ちをするのも大変ですよね。
そんな退屈時間を少しでも楽しく乗り切れるように事前準備は欠かせません。

良い場所でショーを見ようとするとどうしても早めの場所取りが必要となります。
そうなると30分~1時間は待ち時間が発生してしまします。
この長い待ち時間を逆に利用すると効率良くパークを周ることができます。

おやつやおもちゃで乗り切る

おやつやおもちゃは必須です。
特にディズニーシーには1歳児が気軽に食べれらるようなフードが売っていないのでおやつは多めに持っていきましょう。
ベビー用のやさいパンはひとつが大きすぎず、すぐ食べられてチャック付きでディズニーでのちょっとしたおやつに大活躍です。

おもちゃは遊びなれたものを持っていくのもいいですし、パークでも色々売っているので思い出に現地で買うのもおすすめです。
光るおもちゃは夜のショー待ちに退屈しなくておすすめですよ。

オムツ替えを済ませておく

ディズニーのトイレは常に混んでいるのでショーの待ち時間に行けば時間を有効に使えます。
オムツ交換台もしっかり完備されているので待ち時間中に替えてしまいましょう。
男性用トイレにもオムツ交換台があるのでパパに任せるのもありです。

アトラクションやキャラクターに会いに行く

ショーの待ち時間は長めなのでその場で小さな子どもが待つには限界があります。
入り口付近にあるゴンドラやビッグシティヴィークル(車)は5~15分待ちで乗れることが多いので子どもが退屈したら交替で乗りに行くのもありです。

また、ショーが行われるメディテレーニアンハーバーではフリーグリーティングがやっていて頻繁にキャラクターが登場してくれるので待ち時間に会いに行くのもお子様が楽しめて良いですよ。

ショーの場所取りは誰かひとりでもその場所に残っていればOKです。

まとめ

子連れディズニーはパーク内の移動だけでも体力を使いますし大変です。
スケジュールを詰め込みすぎるとお子様も疲れてしまいますし、なかなか計画通りにいきません。
余裕をもってゆったりとスケジュールを組んで当日も気持ちの余裕を持ちましょう。

絶対にはずせないものは事前にチェックしてしっかりとスケジュールに組み込んでおきましょうね。

【子連れディズニー】1歳児と楽しむディズニーランド アトラクション&ショーパレード完全ガイド元年パス保持者の私がアトラクションのプレミアパスやショーパレードの時間、キャラクターグリーティングができる場所などを徹底的に紹介します。...
【旅行】1歳子連れディズニーの持ち物リスト&ベビーカー盗難対策紹介元年パス保持者であり、数えきれないほどディズニーに通っている私が「これさえあれば子連れディズニーは怖いものなし!」な持ち物リストをたっぷりとご紹介します。...
にほんブログ村 子育てブログへ
あおはる育児 - にほんブログ村