観光地

【子連れピクニック】関西ママにおすすめ!春先・秋に行く万博記念公園

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
あおい
あおい
こんにちは:-)☆
あおはる育児のあおい(@aoharu_0717)です。

皆さんは普段ピクニックに行くことはありますでしょうか。
季節的に過ごしやすい春先や秋になるとなんだかピクニックに行って開放的になりたくなりますよね。
暑い夏や寒い冬がやってきてしまう前に外で思いっきり遊ばせたいというママも多いはず!

そんなピクニックの定番と言えば「万博記念公園」です。
関西で知らない人はいないのではないでしょうか。

昭和45年(1970年)の大阪万博の跡地に作られている歴史ある万博公園ですが、リニューアルや整備を繰り返しているので意外と新しいスポットもあるんです。
最近ではたくさんイベントを開催したり、子どもから大人まで丸一日楽しめるスポットが盛りだくさんです。
ピクニックなどアウトドアを楽しむのにとても最適な公園なんです。

この記事がおすすめの方

ピクニックスポットを探している
万博記念公園について知りたい

 
 

関西で別のお出かけスポットをお探しの方はこちら
関連記事>>【子連れ遊園地】ひらかたパーク1歳で乗れるアトラクションは16個!

入場料金とアクセスについて

入場料金はこちら

大人260円小中学生80円未就学児は無料です。
再入場も可能なのでエキスポシティと自由に行き来できるのも嬉しいです。

交通アクセス

電車の場合
最寄り駅は大阪モノレール「万博記念公園」です。
駅からすぐ横に歩道橋があり、渡ってすぐに入り口があります。
駅から近いので疲れている帰りもすぐ電車に乗れるのが嬉しいです。

車の場合
万博記念公園 日本庭園前駐車場に止めるとすぐ目の前が入り口なのでかなり便利です。

 

万博公園のここが良きポイント!

ポイント

■敷地が広くてゆったり遊べる!
■ベビールーム有、レンタルベビーカーが無料!
■大型ショッピングモールが併設!
■イベントが多い!

敷地が広くてゆったり遊べる!

万博記念公園の広さは260ヘクタールあり、なんと東京ディズニーランド5個分だそうです!
とにかく敷地が広くて1日中遊びつくしても足りないくらいたくさんのエリアや施設、乗り物などが用意されています。

涼しくなってきたこの時期は過ごしやすいため人も多くなりますが、混雑しているなど感じないほど広いのでいつ来てもゆったりと過ごすことができます。

ベビールーム有、レンタルベビーカーが無料

広大な敷地ですが、授乳室は5か所も用意されているのでそれぞれ近くの授乳室を利用することができます。

そしてベビーカーが無料で借りれます!
先着順にはなりますが、入り口で係に声をかけると貸し出してもらえるそうです。
敷地内の移動はなかなかしんどいので無料で借りれるのはかなり嬉しいですね。


大型ショッピングモールが併設

万博のすぐ横には「ららぽーとエキスポシティ」があります。
フードコート、飲食店からファッション系のお店やLOFTなどの雑貨屋、スイーツのお店や駄菓子屋まで本当に何でもそろっています。

さらに「ニフレル」という生き物に触れられるミュージアムや映画館、小さな遊園地コーナーに「VSパーク」というスポーツ施設など子どもがワクワクする施設もたくさんあります。

公園で遊び疲れた時に休憩しに寄ってもいいですし、離乳食や飲み物が足りなくなった時に買い足しに行くこともできます。
突然の雨が降ってきてもエキスポシティで雨宿りしつつ屋内の施設で遊んでもいい思い出になりそうです。

大型ショッピングが併設されているといざという時に本当に助かります。
晴れたら公園へ、雨が降ってきたらららぽーとへ、その時々で臨機応変に遊び方を変えられるので子連れには特に過ごしやすい環境です。

イベントが多い!

ガレージセールやフードフェスなど頻繁にイベントを行っています。
フェスには大道芸の方や、シンガーソングライターがステージで歌っていたりで盛り上がっていました。

芝生や遊具での遊びに飽きたらイベントをのぞきに行ってみたり、イベントだけでも一日遊べたりするのでとても充実感があります。
頻繁に行っているので遊びに行く日に何かイベント事がないか事前に調べていくことをおすすめします。

そして基本的に公園内で行っているイベントは別途入場料金がかかります。
ですが、入場料がかかることで人数が一定数に保たれていてイベント会場ではかなり快適に過ごせます。

夏祭りや花火大会の屋台は混雑していて大行列ができがちですが、万博のフードフェスはどれも待ち時間なしですんなり買えるので子ども連れにはありがたいです。

遊具だけじゃない!乗り物と本格的なアスレチックも体験できる!

公園内には芝生や遊具だけではなく、楽しい乗り物や本格的なアスレチックも体験できます。
園内の池には白鳥ボートなど数種類のボートに乗れますし、園内を走っている汽車に乗ることもできます。
小さい子でもパパ・ママと一緒に楽しめるのでおすすめです。

万博おもしろ自転車広場というのもあり、色々な種類の変わった自転車に乗ることができます。

そして4歳から体験できる本格的なアスレチック【万博BEAST】もあり、子どもから大人まで大人気です。
世界最大級のアスレチックタワーが気軽に楽しめるのでかなりおすすめです。

\チケット最大10%OFF/万博BEAST予約はこちら>>

1歳連れの持ち物は?

【普段の持ち物】
母子手帳ケース(母子手帳、保険証、診察券類)/水筒/おやつ/靴/着替えセット/おむつポーチ(おむつ、おしりふき、消臭袋)

【ピクニック用持ち物】
お弁当(離乳食)/レジャーシート/ボールなど遊ぶもの/テント

お弁当は雰囲気が出るのでおにぎりや卵焼きなど食べられるもので作ってあげるのもいいですし、まだ少し暑さが気になる時期であれば無理に準備せずベビーフードでも充分です。

レジャーシートはピクニックには必須アイテムですね。
万博公園もレジャーシートがしける芝生のエリアが複数個所あるので場所取りをして休憩をはさみながら遊べます。

ボールやお砂場セットなどを持っていくと普段の公園よりももっと広々遊べます。

テントはあれば快適に過ごせます。
万博公園ではテントを張って長時間過ごす人が多く、レジャーシートだけの人の方が少ないくらいでした。
持っていなくてももちろん大丈夫ですが、あれば直射日光や風を防げたり何かと役に立つのでこれから定期的にピクニックをしようと考えている方は買っておいてもいいかもしれません。

まとめ

せっかくの過ごしやすい時期にはピクニックに行っておきたいですよね。
大きな公園でのピクニックは子どもも大人も充実した時間を過ごせますし、一日中思いっきり遊んでリフレッシュできます。
つかの間の春先や秋にぜひ家族で遊びに行ってみてくださいね。

【子連れひらパー】1歳で乗れる乗り物16選!お得なチケット購入方法紹介1歳でも楽しめるひらかたパーク大特集!...