お出かけ

【マザーズリュックの中身紹介】生後4か月ベビーのお出かけには何を持っていく?

息子のおはる 2022年7月誕生(0y10m) 男の子ベビー

本日はマザーズバッグの中身を紹介します。

生後0か月~6か月くらいの離乳食が始まる前の赤ちゃんとお出かけするときのバッグの中身の参考にしていただければと思います。

私が普段愛用しているマザーズバッグは「ponbabyマザーズバッグ」で、リュックタイプのバッグを使っています。
マザーズリュックについて詳しく紹介している記事もあるのでぜひチェックしてみてください!

【マザーズバッグ】ponbaby マザーズリュック 収納力、機能性最強すぎる!!マザーズバッグはリュックタイプ一択で探し、 「ポンベビーのマザーズリュック」を購入しました! 本当にお気に入りで、毎回お出かけに持って...

単純に赤ちゃんとお出かけするときにどの程度荷物を持って行ったらいいのか迷っている方や、ponbabyのマザーズリュックはどのくらい荷物が入るのか気になっている方はぜひ見てみてください。

いつも持ち歩く荷物はこちら!

メインポケットには何入れてる?

母子手帳ケース
おむつポーチ
(おむつ3枚、おしりふき、ゴミ袋)
お着替えセット
(肌着、ロンパース、靴下、ガーゼ)
おむつ替えシート
袋、ジップロック
エチケット用品
(マスク、ティッシュなど)
保湿クリーム
湯冷まし用水筒
ブランケット

ミルクポケットには何入れてる?

哺乳瓶
ミルク用熱湯魔法瓶
粉ミルク
絵本

外ポケットには何入れてる?

帽子

伸びるチェーンもついているので鍵を付けても便利です。
外ポケットは出し入れしやすいので出先でレシートを入れたりもしています。

内ポケットには何入れてる?

ガーゼ、スタイ

サイドポケットには何入れてる?

おしゃぶり
おしゃぶりホルダー
ガーゼ
消毒用アルコール
ママ用水筒

背中ポケットには何入れてる?

貴重品
(財布、スマホ、カギ)
背中ポケットはリュックを背負ったまま取り出せますし、防犯面に優れているので貴重品を入れるのに最適です。

これだけ詰めてもまだ入る!最強リュック!

実際メインポケットに詰めてみましたが、まだまだ余裕がありますし、内ポケットにあまっているポケットもあるほどなので本当に収納には困りません。
写真のブランケットは夏用ですが、冬用の分厚いブランケットでも入りました。(ものによります。)
コンパクトになる抱っこ紐も入るのではないかと思います。

ふだんのお出かけはもちろん、1泊程度の旅行であれば充分入る収納量です。

ミルクセット何を入れていく?

リュックの中身とは別にミルクセットについても詳しく紹介します。

ミルクセットについては時間帯や環境によって100%授乳ができるかがわからないので念のためしっかりめに準備しています。
哺乳瓶は完ミではないので普段は1本ですが、帰省や旅行など長時間移動のある時は数本入れます。

哺乳瓶1本(プラスチック製)
熱湯魔法瓶(出かける直前に準備)
湯冷まし用の水筒(出かける30分程前に冷まし始めて直前にリュックへ)
液体ミルク1本
粉ミルク2~3本(キューブタイプと粉タイプ)

粉ミルクはその時によって飲む量も変わってくるのでキューブと粉の2種類準備しています。
少量追加したいときには40mlずつ量れるキューブが便利なので使い分けています。
粉ミルクはビーンスタークの「すこやか」を、キューブは「ほほえみ」を使っています。

created by Rinker
雪印ビーンスターク
¥1,188
(2023/06/05 23:22:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
明治ほほえみ
¥1,928
(2023/06/05 23:22:26時点 Amazon調べ-詳細)

液体ミルクは常温で飲めるので非常時にいつでも飲めるように入れています。
近場のお出かけや、熱湯が準備できない時、万が一ミルクが必要になれば使おうと常時入っています。

「すこやか」「アイクレオ」「ほほえみ」など常温で飲めるミルクも種類が増えていっているので赤ちゃんが飲める種類を把握しておいて準備してみてください。

近場の場合は?

お散歩や近所のスーパーなど本当に近場の時はマザーズリュックは持ち歩きませんが、少しでも家を離れるときはマザーズリュックを持っていきます。

1~2時間程度の外出など比較的近場の場合はいつもの荷物からミルクセットは抜いていくことが多いです。
(液体ミルクのみ入れていきます。)

ミルクセット以外の荷物は基本出し入れをしないのでだいだいいつもマザーズリュックの中に入っています。
着替えは意外と必要になることがあるので常時入れています。

荷物を必要最低限に減らしたい!何持っていく?

念のためと色々持っていけば安心ですが、なるべく荷物を減らしたい日もあるでしょう。
そんな日は下記、必要最低限のものを持っていけば何とかなります。

母子手帳
おむつ1枚
おしり拭き
液体ミルク(完ミ、混合の場合)
哺乳瓶1本(完ミ、混合の場合)
着替え

まず母子手帳ケースはかさばるので置いていきましょう。
最悪、母子手帳だけで充分です。

おむつは緊急時用に一旦1枚持っていきましょう。

ミルクは完ミ以外の方は授乳ができそうであれば置いていきましょう。
液体ミルクに直接セットできる哺乳口を持っていれば哺乳瓶も不要ですね。

着替えは季節により最低限のものを1セット。

母子手帳以外は出先でも最悪購入できます。(お店が全くない田舎などの場合はすみません。)
本当に荷物を減らしたい時は持っていかないのもありだと思います。
ただ、不思議とそういう時に限って何かが起こりやすいので持っていけるのであればある程度はマザーズバッグに詰めた方が安心です。

哺乳瓶をガラス製でなくプラスチック製にしたり、おもちゃを絵本でなく布おもちゃなどの軽いものにしたり少しの工夫でも荷物は軽くなったり減らしたりできるので数を重ねるごとに自分に合った荷物の量を把握できていければ良いですね。

成長のたびに荷物も変化していくので筆者も日々マザーズバッグの中身は見直していこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。